中高年転職の仕方を支援

スポンサードリンク

中高年転職が難しいのは

中高年転職はなぜ難しいのでしょうか?単純な理由の一つは年齢制限があるのですが、それだけが中高年転職を難しい状況にしているわけでは無いようです。

では中高年と若手を比較してみたときにどのような違いがあるのかを見ていきましょう。

まず、成長ビジネスでは人材を確保しておきたいと思っています。つまり採用においての需要が高いわけですね。そういった会社が欲しいのは即戦力になる人材。会社の言ったとおりに働ける若手が有利で中高年が転職するには厳しい会社です。

2007年問題、つまり団塊の世代の多くの人が定年を迎え退職をしていくので人材の空洞化が起こり採用の需要が高まります。こういった会社が欲しい人材は技術を持った中高年もしくは技術を学んでいき長く会社に勤めることができる若手でですね。ここでも若手が有利ではあるのですが、中高年の転職でも会社が必要としている技術を身につけていれば強い武器になることは間違いないです。

あと、中高年の転職で考えないといけないのは、採用する会社がそれなりの待遇で迎えなければいけなくなると言うことですね。新卒で入社した若手と、転職の中高年を同じ待遇でと言うわけにはなかなかいきません。そんなとき会社からすれば中高年よりも単価の安い若手の方が良いということになるのですね。

簡単に言えば技術力のある中高年の転職はありがたいが、必要な技術を持っていない中高年の転職を受け入れるなら、自分たちの手足となり給料も安く設定できる若手の方が良いと言うことです。

中高年転職市場の現状

中高年の転職市場は今後10年で大きく変化する可能性も秘めていますし、まるで変わらない可能性もあります。

2007年問題があちこちの業種で発生してきているからです。

確かに求人数の増加はあるのですが、中高年の転職は職種や地域によってのばらつきが大きいと言うことがあります。団塊の世代が抜けたことで落ちた技術力などを補うことができる技術を持っている人は、中高年の転職でも選ぶことができるほどあるでしょう。

しかし、そのような状況になる会社は一定規模以上の大きさの会社や企業、都市部の会社でしょう。いくら人材が不足していても田舎の企業や会社では中高年の転職は難しい状況が続いていくことでしょう。

また、最近では転職を支援する、技術力を売買する会社なども出てきています。技術力があり今の会社に不満や不安を持っている中高年が転職を考えるみたいです。

でも、転職する会社を自分で調べていき履歴書を書くのはとても骨の折れる作業です。そのためにその作業をすべてやってくれる会社がどんどんできてきているわけですね。

結論を言うと、中高年が転職するためには企業がほしがる技術力を持っていること、身につけていることが一番の条件ですね。

中高年の転職に人材銀行

中高年の転職、特に40才以上の転職に特化した機関があります。簡単に言うとハローワークを中高年転職専門、40才以上の転職専門に取り扱う機関という感じです。

該当のページを確認してみると「人材銀行は、全国の主要都市の庁舎施設などに設置し、概ね40歳以上の管理的職業、専門的・技術的職業に従事してきた方を対象として、関係業界団体等との密接な連携を図りつつ、職業相談、職業紹介を行うほか、求人者に対する雇用相談等を行っています。」となっています。

中高年の転職はハローワークやインターネットを活用してがんばっていても、タイミングが合わないとなかなか難しいことが多いです。

しかし、この人材銀行は中高年の転職を専門にしているだけあって採用される確率が非常に高いです。

ただ、残念なことは人材銀行は全国に12室しかありません。札幌人材銀行・埼玉人材銀行・千葉人材銀行・東京人材銀行・神奈川人材銀行・名古屋人材銀行・京都人材銀行・大阪人材銀行・神戸人材銀行・岡山人材銀行・広島人材銀行・福岡人材銀行です。

40才以上の中高年で転職を考えている人は近くの人材銀行に行ってみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク